食べ方ひとつで未来は変わるTABEYASE栄養学

最新レッスン情報はこちらをクリック

夜のどか食いを防ぐには?

 
星野春香
WRITER
 
スクリーンショット 2019-02-11 9.45.39
この記事を書いている人 - WRITER -
星野春香
フリーランス管理栄養士。食べ方ひとつで未来は変わる。美味しいもの、体にいいもの、可愛いもの、キレイなもの、心を満たしてくれるものが大好きです♡簡単で、見栄えもよくて、罪悪感なくたくさん食べられるごはんばっかり作ってます♡
詳しいプロフィールはこちら

夜のどか食いを防ぐには?

 

こんにちは!
スタッフの馬渕です^^

 

今日も残業。
お腹減って帰って、ついドカ食いしちゃった・・・
そんなつもりなかったのに・・・

なんてことありませんか( ;  ; )??

 

夜のドカ食いの原因は、

” 食事の間隔が空きすぎることによる、血糖値の下がりすぎ “

が原因のことがあります!!!

 

例えば、お昼を12時に食べて、
夜ごはんが21時だとすると、
お昼〜夜ごはんまで9時間。

 

食事の間隔が4〜5時間以上空き始めると、
血糖値が下がり始め、

” なんでもいいから早く食べたい!!! “

という指令が出始め、
ドカ食いのきっかけとなります!!!

 

 

なので!!!

今日は夕飯が遅くなりそう!
ドカ食いしてしまいそう!

という日は、

血糖値が下がりすぎる前に、
補食を挟んであげましょう✨!!!

 

補食におすすめなのは、

ナッツ、ヨーグルト、チーズ、あたりめ、枝豆など、
血糖値に影響を与えにくいもの!!!

たんぱく質か、良質な脂質のものですね!!!

大事なのは、

カロリーよりも血糖値!!!
カロリーよりも栄養素!!!

 

 

=====================

TABEYASE的選び方が学べる
オンライン講座はこちらから♪

=====================

この記事を書いている人 - WRITER -
星野春香
フリーランス管理栄養士。食べ方ひとつで未来は変わる。美味しいもの、体にいいもの、可愛いもの、キレイなもの、心を満たしてくれるものが大好きです♡簡単で、見栄えもよくて、罪悪感なくたくさん食べられるごはんばっかり作ってます♡
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です